>  > [永井電子] ウルトラ シリコン パワープラグコード レッド プレーリー E-BM10 E15 1500cc S57.8~S63.9
DIXCEL HS-typeスリットディスクローター フロント用GJ3インプレッサG4 A~D型用 11/12~15/8
フリーランスITエンジニア向けの案件・求人・仕事サイト
ダイハツ NSZN-W64D(N173) 2014年モデル BLITZ(ブリッツ)TV JUMPER(テレビ ジャンパー) 純正ナビ 走行中にテレビが見れる TST72 ブリッツ テレビジャンパー
マイグレーション(migration)とは、IT業界では既存のシステムやソフトウェアなどを新しいプラットフォームやシステムに移行することです。他にも、経営関係のデータなどを移管する作業や、基幹システムを新しいシステムに交換することもマイグレーションといいます。
 
今回は、マイグレーションの基礎知識から4つの種類とレガシーマイグレーションについてご紹介します。
 
 
豊富な案件の中から希望の案件をご紹介!

未公開案件も多数ありますので「まずは相談したい。」という方もお気軽に登録ください。 【目次】
マイグレーションの基礎知識
なぜマイグレーションをするのか
マイグレーションの4つの種類
開発現場で多いマイグレーション作業
マイグレーションの仕事を獲得するために必要なスキル
開発現場により異なるが、2種類の募集例がある
レガシーマイグレーションで気を付けるべき点
マイグレーションの需要は増え続ける
品質向上のためシステム自体を新しくする企業の増加
今後、人工知能やIoTの需要に伴い新たなシステムが増え続ける
元の言語と新しい言語の両方が出来る人が少ないためエンジニア不足
マイグレーションを経験しておくと仕事の幅が広がる
まとめ
 
 

[永井電子] ウルトラ シリコン P36-0292×2/B36-1274×2 パワープラグコード IG60 レッド プレーリー E-BM10 E15 1500cc S57.8~S63.9


マイグレーションと間違えやすいものにコンバージョンというものがあります。マイグレーションは移行で、コンバージョンは変換・交換の意味を持ちますので別物になります。基本的に移行してほしいと言われた場合は、マイグレーションだと考えてください。
 

1500cc レッド シリコン パワープラグコード プレーリー S57.8~S63.9 パワープラグコード E15 [永井電子] ウルトラ シリコン E-BM10

なぜシステム自体を新しく作るのではなくマイグレーションするのでしょうか。その理由は大きく3つあります。
 
・時代のニーズ
多くの企業で、時代に合ったシステムの見直しが行われています。クラウド化が主流になりつつある現在、既存のシステムをオープン環境にする動きがとられており、マイグレーションを行う企業が増えています。
 
・TCO削減
TCOはTotal Cost of Ownershipの略で、システム導入・維持・管理などにかかる総費用のことです。1から新しいシステムを開発して交換するよりは、既存のシステムをマイグレーションすることにより、導入コストやランニングコストを削減できるメリットがあります。特に、ランニングコストを大幅削減することができるため、新規開発ではなくマイグレーションが採用されていることが多いです。
 
・品質向上
新規開発ではなくマイグレーションすることにより、システム自体を停止させずに作業できるうえ、マイグレーション後すぐに使用できることからより品質を保つことが出来ます。
 

マイグレーションの4つの種類

マイグレーションは様々なビジネス上の必要性から実行されており、必要性に応じて移行の手法は異なりますが、基本的には4つのマイグレーションの種類に分類されています。なお、マイグレーションを行う際は、データ移行とデータ統合の違いを明らかにすることがポイントです。
 

アプリケーション移行

アプリケーションベンダー(顧客管理関係)を乗り換える場合のマイグレーションです。手法は、それぞれの独自のデータモデルを使用される場合が多く、変換が必須となります。
 

ストレージ移行

仮想化技術が発展している近年では、記憶装置を仮想化することが多くなっています。古い記憶装置をデータそのものに触れずにコピーして、

[永井電子] ウルトラ シリコン パワープラグコード レッド プレーリー E-BM10 E15 1500cc S57.8~S63.9【人気火が続き】

、上位層にはほぼ手を加えずに仮想環境に移行し、アクセス可能にします。
 

データベース移行

データベースを別物に移行する場合や同ソフトでバージョンアップする場合のデータ移行のことです。子の場合、フォーマットが変わりますので変換する必要があります。近年では 【USA在庫あり】 16-3701 プロックス PROX インテークバルブ スプリングキット 13年-15年 250SX-F、FC250 スチール 1個入り 163701 HD店、アプリケーション側がデータベースについての知識を持たない形式で記述してあることが多いため、マイグレーションでも機能確認のテストを行うだけでよい場合もあります。
 

ビジネスプロセス移行

ビジネスプロセスは、人とシステムの絡み合ったプロセスであり、基本的にはビジネスプロセス管理ツールで運用しています。企業の買収や合併、ビジネスの最適化や組織変更、新市場への参入などの、組織や顧客・製品・オペレーションに関する情報の変化が生じる場合に行うマイグレーションです。
 

メインフレームからオープン系は"レガシーマイグレーション"という

メインフレームのシステムをUNIX、Windowsなどのプラットフォームに移植することを”レガシーマイグレーション”と言います。「汎用からOPEN系へのマイグレーション」と言われるものが、レガシーマイグレーションです。
 
なぜマイグレーションなのかというと エストレヤ アップハンドル セット ドラムブレーキ車/-06 アップハンドル オニハン セミしぼり鬼ハンドル ブラックメッシュ ダークメッシュアップハン エストレヤ アップハンドル、長年のノウハウなどが詰まった資産ですので作り直すより移行して使い続ける方が、結果的にメリットが大きくなります。
 

開発現場で多いマイグレーション作業

データ移行やストレージ移行と書かれている案件は多いですが、マイグレーションの中でも増加してきている作業例を少しご紹介します。
 

AS400/RPG⇒COBOLへのマイグレーション

RPGシステムをCOBOLシステムへマイグレーションします。こちらは主に金融系、製造業系で見かけることが多いです。特に、AS400/RPGからIBM-COBOLが多く、セクションが良く似ていることからマイグレーションが行いやすくなっています。
 

COBOL⇒Javaへのマイグレーション

汎用COBOLからJavaへのマイグレーション案件が急増しています。時代の流れもあり、Javaの人気が高くCOBOLの技術者不足を補うためにも、他のシステムと連携しやすいJavaへのマイグレーションが増えています。それに伴い、近年では”言語変換サービス”を提供している企業もあり、自動でCOBOLをJavaに変換してくれるためコストの削減に繋がります。
 

VB6.0⇒VB.netへのマイグレーション

VB6.0はWindowsXP上で開発できましたが2014年にXPのサポートが終了したことによりVB6.0の開発環境がなくなりました。その為、VB.netへのマイグレーションが必要となります。VB.NETへマイグレーションすることにより、Microsoftのサポート切れに振り回されず、最新OS上で安定稼動させることができます。
 

Java⇒Scalaへのマイグレーション

Scalaは2004年にJavaのプラットフォームにリリースされており、Javaと容易に連携できる特徴を持っています。その為、JavaからScalaにマイグレーションする企業も増えております。Java⇒Scalaについては、「Scalaの需要の高まりとJavaとの連携でできる3つの事」をご参考ください。
 
※Scala⇒Javaもある
YammerがScalaからJavaへのマイグレーションも行っています。気になる方は「YammerがScalaからJavaへ移行中」のサイトに詳しく記載されておりますのでご参考ください。
 

マイグレーションの仕事を獲得するために必要なスキル

 
普通の案件・求人情報と、マイグレーションとで必要なスキルは違うのでしょうか。必要スキルの差はそこまでありません。ですが、1度でもマイグレーションを行ったことがある人の方が即戦力になるので優遇される場合もあります。
 

開発現場により異なるが、2種類の募集例がある

マイグレーション案件の募集例ですが、大きくに分けて2通りの必須条件があります。それは、元の言語もしくは新しい言語のどちらかが出来る方、もしくは両方とも出来る方です。「COBOL⇒Javaへのマイグレーション」の仕事を例に、もう少し詳しくご紹介します。
 

元の言語もしくは新しい言語のどちらかが得意な方

COBOLもしくはJavaが出来る人それぞれで募集をかけ、担当エンジニアをそれぞれ募集します。片方のスキルに専任することによりミスを防ぐうえに、両方できるエンジニアを探すより早く、人材が集まるというメリットがあるため、半数以上はこちらの元の言語もしくは新しい言語のどちらかが得意な方で募集されています。
 

元の言語と新しい言語の両方が出来る方

COBOLとJavaの両方とも出来る人を採用することにより、2人分の雇用コストを削減できるうえ、変換部分なども一括で任せることが出来るメリットがあります。ただし、ぴったり合うエンジニアが少ないことも事実であり、急募ではなく長期的にエンジニアを探したい企業に多くみられる募集です。
 

両方出来る人は優遇される

もちろん、元の言語と新しい言語の両方が出来る方は優遇されます。何故かというと2人でやるより1人の方が、連携作業が効率よく出来るうえ、人件費の削減のメリットが大きいからです。小規模のマイグレーション案件の場合も 、両方出来るエンジニアを探している場合が多いです。
 

レガシーマイグレーションで気を付けるべき点

マイグレーションの中でも、レガシーマイグレーションは汎用からOPEN系に移行するため、それぞれのシステムの仕様自体が異なるためミスも発生しやすくなります。特にメインフレームのシステムは、仕様書が古く、正しいコードがわかりにくくなっている場合が7割を占めます。その為、仕様書自体を作り直す作業から手掛けなければいけません。
 
そのため、レガシーマイグレーションを行う際の手法を選択する必要があります。その手法がきちんととマイグレーションを行えるかに気を付けて、最適な選択を行うことが重要になります。
 
「ラッピング」・・・メインフレームを残したまま、外部システムからアクセス出来るように標準インタフェースに対応させる手法。
「リホスト」・・・メインフレーム上のデータをそのままOPEN系プラットフォームに移植する手法。
「リライト」・・・ビジネスロジックはそのままでプログラムやデータベースを作り直す手法。
「リエンジニアリング」・・・プロセスを見直し再構築する手法。
 

Javaのコードだけでも読めるようにしておくと良い

COBOLのエンジニアが、レガシーマイグレーションに関わる際は多少でもJavaのソースコードを読めるようにしておくと作業がスムーズに行えます。やはり、どういうものにマイグレーションをするのかを理解していないと、終わりが想像しにくくモチベーションも上がりません。そして、Javaのソースが読めないと本当にミスがないかの不安も残ってしまいます。
 

マイグレーションの需要は増え続ける

 
なぜマイグレーションの案件が増え続けるのでしょうか。一番の大きな原因は、エンジニア不足にあります。古いシステムであればあるほど、携わっていた人が退職してしまっている場合が多く、仕様書もわからないためマイグレーションするしかない状態に陥ってしまうからです。もちろん、他の理由もありますのでご紹介していきます。
 

品質向上のためシステム自体を新しくする企業の増加

より良い品質もシステムを作るためにも、最新の技術や自体のニーズに合わせて主流なものを取り入れる企業が多いのが現状です。大半の企業は ブレンボ ブレーキパッド ブラック P16 011 ダイハツ ムーヴ ラテ L550S 04/08~ L ABS無(NA) フロント左右セット、既存システムのデータは長年のノウハウや実績が詰まった宝物のため、一掃するよりはマイグレーションして新しいシステムに移行します。その為、常により良い品質を求めながら時代のニーズに合わせていかなければいけませんので、新規開発よりマイグレーションを行う企業が増加しています。
 

今後、人工知能やIoTの需要に伴い新たなシステムが増え続ける

マイグレーションに終わりはありません。人工知能やIoTの技術になくてはいけない、仮想化技術。今後は、サーバー統合や移行、クラウド移行でもマイグレーションの手法が適応される可能性が高くなっています。そして、人工知能やIoTに伴い、対応したシステムへのマイグレーションも増えていきます。
 

元の言語と新しい言語の両方が出来る人が少ないため、エンジニア不足

エンジニア不足が嘆かれている中、マイグレーションが出来るエンジニアも不足しています。特に、元の言語と新しい言語の両方が出来る人が少ないため、エンジニアの需要は高まる一方です。逆に、不足しているからこそ セレナ(C24) オックスフロントシェイダー(ダークスモーク)※代引不可※受注生産【送料無料】、両方出来なくとも、既存もしくは新しいシステムのスキルさえあれば、マイグレーションに関わるチャンスも増えているということです。
 

マイグレーションを経験しておくと仕事の幅が広がる

一度でもマイグレーションを経験しておくと、仕事の選択の幅が広がります。企業は、即戦力を一番優先的に求めておりますので、マイグレーション経験者が優遇される傾向があります。そして、マイグレーションではなく、普通の開発の仕事にも携わることが出来るため、自分自身の仕事の選択の幅が広がります。
 
また、気になるマイグレーションのエンジニアの収入ですが、スキルや内容により異なってきます。エンジニアのための情報サイト”フリエン”を運営している弊社の実例で、既存もしくは新規システムのどちらか一方のみが出来るエンジニアと、両方出来るエンジニアの収入の差をご紹介します。基本的には詳細設計以降の平均収入になります。
 

 
両方出来るエンジニアの方が ディクセル Specom-K ブレーキパッド フロント スバル プレオ、収入も高く、上がりやすい傾向にあります。また、詳細設計にとどまらず、基本設計や要件定義が出来る人であれば、まだ上の収入を目指すことが出来ます。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。マイグレーションと言っても、様々な種類があり、システムに応じた手法が複数あります。大切なことは、「システムにあった手法の選択」と「データ移行とデータ統合の違いを明らかにする」ことです。この2点に気を付けてマイグレーションを行えば、ミスを減らすことも出来ます。
 
また、マイグレーション自体は終わりが見えず無くなることもありませんので、自分自身の仕事の幅を広げるためにも1度は経験しておくことをおすすめします。経験がなくても、やる気と意欲さえあれば仕事を獲得することが出来ます。面談で緊張したとしても、

[永井電子] ウルトラ シリコン パワープラグコード レッド プレーリー E-BM10 E15 1500cc S57.8~S63.9

、ゆっくり話してコミュニケーションをとるようにしましょう。
 

おすすめ案件

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-87520