ダイハツ マックス 01.11~05.11 L960S(4WD NA) ACRE(アクレ) ブレーキシュー コンパクトリアシュー S0037 リア 左右セット ブレーキ アクレ シュー


 >  > ダイハツ マックス 01.11~05.11 L960S(4WD NA) ACRE(アクレ) ブレーキシュー コンパクトリアシュー S0037 リア 左右セット ブレーキ アクレ シュー

ウィンドウシステムの出現

ダイハツ マックス 01.11~05.11 L960S(4WD NA) ACRE(アクレ) ブレーキシュー コンパクトリアシュー S0037 リア フロアマット 左右セット ブレーキ 4点キット【ロエン アクレ シュー

Alto

 Apple II やPETが使いやすいコンピュータであったのは事実であったが,キーボードから指令(コマンド)を打ち込んで動作させるという点ではそれまでのコンピュータと同じであった.このようなインターフェイスをCharacter User Interface(CUI)と言う.

 ゼロックス社はSmalltalkというOperating System(OS)を搭載してユーザインターフェイスを一新したコンピュータ Alto を1972年に発表した(SmalltalkはAltoのOSの1つである).それは以下のような特徴を備えていた.これらは今となっては「当然」と考えられており,取り立てて「特徴」とは考えられないものであるが当時としては先進のシステムであった.
  1 ビットマップディスプレイ
  2 マルチフォント/スタイル/サイズ
  3 プロポーショナルフォント
  4 マウス
  5 アイコン
  6 マルチウィンドウ
  7 ポップアップメニュー
  8 画面で見た通りの印刷:What you see is what you get(WYSIWYG)
  9 Ethernetの開発版

 Altoの操作はマウスとポップアップメニューで選択するコマンドによっている.すなわち,

,文字でコマンドを与えるのではなく,画面上にグラフィック技術で描き出したアイコンなどで操作した.このようなインターフェイスをGraphical User Interface(GUI)と言い,MacintoshやWindowsでおなじみの手法である.

 CUI は英語の文法に近い構造を持っている.例えばUNIXで「/etc」というディレクトリ(フォルダ)に含まれるファイルの名前を知りたい時には シエクル siecle レスポンスリング(RESPONCE RING)シングル トヨタ カローラフィールダー NZE12# 1NZ-FE 00.08~04.04用,
  ls /etc
のようなコマンドを与える.コマンド「ls」は動詞「list」の略で,それが先頭にあるので命令形の「列挙せよ」である.listの対象は「/etc」というディレクトリである.このように実行すべき主題(Subject)を中心にして動作を指示する方法をSubject指向と言う.

 これに対してGUIでは対象物(Object)に対してメッセージを送ることにより期待した動作を行わせる(Object指向).それを容易にするためにアイコンが使われている.アイコンの第1の役割は対象物を図形で示すことである.

 MacintoshやWindowsで普段何気なく行っている「ファイルアイコン」のシングルクリックは,そのアイコンが表しているファイル(Object)に「選択状態になれ」というメッセージを送っているのである(正確にはファイルそのものにメッセージを送っているのではない.Macintoshを例にすると ビルドアライン BUILD A LINE アルミ S-TYPE フロント GSXR600/GSXR750 04-05 20551454,Finderというアプリケーションに「これこれのファイルを選択しろ」というメッセージを送っているのである).また,文字列を選択して「コピー」するのも対象物として文字列を指して「コピーせよ」というメッセージを与えているのである.「ファイル○○を選択しろ」や「文字列○○をコピーしろ」が日本語の語順であることは言うまでもない.

01.11~05.11 リア シュー ACRE(アクレ) 左右セット リア アクレ ブレーキ コンパクトリアシュー L960S(4WD ブレーキシュー マックス ダイハツ S0037 ブレーキ NA)

 1/4 六角タイプアルミポリッシュ PINGEL(ピンゲル)を見るとその操作の様子に大きな違和感がないであろう.それほど洗練されていたのである.

 Altoが提供したSmalltalkの環境は革命的なものであった.しかし,その価格も高く個人での購入は2の足,3の足を踏まずにはいられなかった.

Xerox Alto(1973年)

LisaからMacintosh

 ゼロックス社は革命的なGUIのシステムを世に出したが,その後はその方向を熱心に追求しなかった.その頃Appleの後継機種を開発していたApple社はSmalltalkのインターフェイスに目を付けた.その結果,独自OSの下でSmalltalkに似たGUI環境を構築して1978年にLisaという名前で発表した.このLisaはAlto程ではないが,高価であったためにあまり普及しなかった.より安価なMacintoshの登場によりウィンドウシステムが広がりを見せた.

 製品版のLisaのデスクトップはMacintoshとよく似ている.また,マウスボタンも1つである(開発途上ではSmalltalkと同じ3ボタンも検討された).

Lisa(1978年)の外観

Lisaのデスクトップ

 初期のMacintoshはLisaの上で動作したが,すぐに128KBのメモリを搭載した専用機が1984年に発売された.MacintoshもAlto同様WYSIWYGの環境を提供していた.特に初期のモデルはディスプレイで見たものとほぼ等しい大きさの印刷結果が得られた(現在のMacintoshでは通常画面の方が小さい).なお ,Macintoshの標準解像度が72DPI(1ドットの大きさが1/72インチ)であるのはドットサイズと活字のポイントサイズがほぼ一致するという理由で決められた.印刷を強く意識したシステムであることが分かる.

 Appleがカラーコンピュータを普及させたにもかかわらず,LisaとMacintoshはモノクロであった.カラーのMacintoshは「Macintosh II」を待たねばならなかった.

Macintosh 128K(1984年)

 初期のMacintoshはプログラムを行う環境を持たなかった.Apple社はMacintoshの位置付けを「文房具」としていた.その位置付けを保証するためにMacWrite(ワープロ)とMacPaint(描画ソフト)をバンドルした.

 Macintoshが発売されるとサードパーティーのソフトウェア会社も次々と供給し始めた.例えば,エクセル,ワード Bellezza/ベレッツァ シートカバー AZワゴン MD プレミアム PVCレザー ダイヤブロック×ブラック,フォトショップ,イラストレータ,ページメーカー,パフォーマ,etc.である.Apple社は標準的なインターフェイスのガイドラインを提示していたために,会社が異なってもユーザインターフェイスが基本的に同じであった.それがMacintoshの使いやすさにつながっている.

 MacintoshのCPUは変遷を重ねている.初期のMotorolaの68000系に始まり,Motorola/IBMのPowerPCを経て現在はWindowsと同じIntelになっている.最近のMacintoshは周辺チップを含めてIBM PC-AT互換機と同じような構成になっているためにMacintoshの上にWindowsをインストールできる.なお,PowerPC系のMacintoshは68000系のソフトウェアを使用でき,Intel系のMacintosh用の初期のOSはPowerPC系のソフトを使用できる(現在はサポートしていない).サードパーティーの製品にはIntel系のMacintoshの上で68000系のソフトを利用できるようなシステムもある.

 MacintoshのOSは基本的に2つある.一方は「MacOS 9.2」を最終版とする旧来のOSで,対象とするCPUは68000系とPowerPCである.Apple社は既に旧OSの開発を中止している.他方は現行の「MacOS X」である.これの基盤はUNIXで,本来ならCUI環境であるOSにGUIを被せてPCに仕立て上げたものである.こちらが対象としているCPUはPowerPCとIntelである.PowerPC上のOS XはMacOS 9.2を仮想OSとして起動できるので68000系のソフトウェアも実行できるようになっている.

Microsoft Windows

 Microsoft社の初期の16ビットCPU(Intel 8086)用のOSはMS-DOSであった.初期のMS-DOSは Intel 8080(8ビットCPU)系で標準的に使われていたCP/Mとよく似た機能を備えていた.もちろん,動作環境はCUIであるが,後期のアプリケーションでは疑似GUI環境を提供するものもあった.MS-DOSに続いてWindowsを出したが,初期のものはMS-DOSの上で動作していたので,Windowsは完全に新しいOSという訳ではなかった.32ビットCPUを対象として新たに設計したWindows NTに至ってやっと新規のOSになってきたが ディクセル PD3910511S 純正補修向けブレーキローター(ブレーキディスク) フロント用 いすゞ 等 防錆コーティングを施し純正+αの性能を実現!,GUI環境はお粗末であった(対象をワークステーションとサーバに置いていたのでGUIを重視しなかったのであろう).

 Macintoshの発表の翌年,Microsoft社はWindows 1.0を発表した.その後,1987年にWindows 2.0を1990年にWindows 3.1を発表して現在は95, XP, Vistaを経過して7に至っている.WindowsはMacintoshと異なりIBM PC-ATおよびその互換機で動作するソフトウェア(OS)として発売された.

 Windows 1.0はMS-DOSに毛が生えたようなもので,とてもじゃないがWindowシステムとは言えないものであった.この状況はバージョンが上がるにつれて改善されたが,そこそこ使いやすくなったのはWindows 95(1995年)になってからであった.しかし,Windows 95もMS-DOSの16ビットCPU用のコードを多数内包したものであった.

 「WindowsはMacintoshの物まね」などと言われることもあるが,全体としてはそうではない.どちらも基本的な考え方のヒントをSmalltalkから得ているので似ている部分があるのは当然である.

 Microsoft社はApple社のようにインターフェイスに関するガイドラインを出さなかった.そのため初期のアプリケーションソフトはインターフェイスがバラバラで,マニュアルなしには基本的な機能の利用も難しいものであった.Windows 3.1の頃からExcelなどのMacintoshのソフトウェアがWindowsに移植されるようになり,インターフェイスが徐々に統一されていった.

 WindowsのCPUは一貫してIntel系で初期の8086に始まり,80286 MDV-D504BTW 対応 バックカメラ 車載用 ケンウッド KENWOOD ナビ 安心 安全 防水 フロントカメラ ガイドライン カメラ 埋め込み 自動車用パーツ 外装パーツ サイドカメラ  【保証期間6ヶ月】 glafit 送料無料,80386,Pentiumなどのいわゆる86系列である.また,

ダイハツ マックス 01.11~05.11 L960S(4WD NA) ACRE(アクレ) ブレーキシュー コンパクトリアシュー S0037 リア 左右セット ブレーキ アクレ シュー

,OSに関しても1種類と見てよい(Macintoshの新旧OS程の差がない).強いて違いを探すならWindows NT系が若干異なっている程度である.

Windows 1.0(1985年)
 

Windows 2.0(1987年)

Windows 3.1(1990年)

ブリヂストン PLAYZ プレイズ PX-RV サマータイヤ 225/45R18 RAYS GRAM LIGHTS 57FXX 18 X 8 +38 5穴 114.3

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-56531