【MOTUL】 モチュール 4100 POWER(4100 パワー) 15W50 4L


 >  > 【MOTUL】 モチュール 4100 POWER(4100 パワー) 15W50 4L

【MOTUL】 モチュール ホワイト 4100 POWER(4100 パワー) 15W50 ライフ(JB5) 4L

  1. Flying Lotus ──フライング・ロータスがニュー・アルバムをリリース (news)
  2. Columns UKの若きラッパー、ロイル・カーナーが示す「第四の道」 (columns)
  3. The Comet Is Coming - Trust In The Lifeforce Of The Deep Mystery (review)
  4. 魂のゆくえ - (review)
  5. Loski - Mad Move (review)
  6. Amgala Temple ──ジャガ・ジャジストから派生したグループ、アムガラ・テンプルが来日 (news)
  7. Nivhek - After Its Own Death/Walking In A Spiral Towards The House (review)
  8. dialogue: Shinichiro Watanabe × Mocky TVアニメ『キャロル&チューズデイ』放送開始記念 (interviews)
  9. Rupert Clervaux ──ロンドンの気鋭のレーベル〈Whities〉が初のフルレングスをリリース (news)
  10. interview with Bibio レトロとノスタルジーの違いについて (interviews)
  11. LAのアート・パンク・バンド、ノー・エイジのヴィジュアルで知られるグラフィック・アーティスト、ブライアン・ローティンジャーの個展開催中 (news)
  12. マキタスポーツ - 2019年3月27日@草月ホール (review)
  13. 主戦場 - (review)
  14. Carpainter - Declare Vicrory / Native Rapper - TRIP (review)
  15. Sons Of Kemet - Your Queen Is A Reptile (review)
  16. interview with Matthew Herbert 音楽からのブレグジットへの回答 (interviews)
  17. interview with Akira Kobuchi Quiet Wave : 史上もっとも静かな革命 (interviews)
  18. CROOKED TAPES presents NEGATIVE INIFINITY ──このさい墜ちるところまで墜ちてみようぜ (news)
  19. Steve Reich - Drumming (review)
  20. Random Access N.Y. vol.114 : インディ・シーンはゲームへと向かう? Good bye Secret Project Robot and Hello Wonderville (columns)

Home >  Live Reviews >  Theatre > イキウメ『聖地X』@シアタートラム- Feb. 10th – 31th, 2015

4100 モチュール パワー) 【MOTUL】 4L 15W50 POWER(4100 モチュール 15W50

Feb. 10th – 31th, 2015

文:綾門優季  
写真:田中亜紀   Aug 17,2015 UP

 イキウメはしばしば突拍子もないSF的な仕掛けが先行的に語られがちな劇団である。たとえば先日蜷川幸雄演出による再演でも話題になった、バイオテロにより、人口が激減し、政治経済が崩壊した近未来 コンチネンタル Viking Contact 6 スタッドレス スタッドレスタイヤ 225/55R17 HotStuff クロススピードプレミアム RS-10 軽量 4本 ホイールセット 17インチ 17 X 7 +38 5穴 114.3、生き残った旧来の人類「キュリオ」と、紫外線に弱く太陽光の下では生きていくことができなくなった新型の人類「ノクス」の絶え間のない衝突を扱った、第63回読売文学賞、第19回読売演劇大賞を受賞した代表作『太陽』もその例外ではなく、初演当時は、奇抜な未来社会の設定、青山円形劇場の独特の使い方などがわたしの周りではよく話題にのぼった。しかしイキウメを追っている身として、この言及のされ方にはちょっとした違和感を以前から持ちつづけていた。イキウメが突拍子もないのはあくまでも物語のスタート地点のみであり、描かれているのはその設定を自明として生きている人々の、ごくごくありふれた悩み、生活で浮上する諸問題、複雑な人間関係のほぐれなさである。遠い世界の話ではなく、現代社会にむしろ密接に寄り添っており、絵空事では片付けられない切実さをつねに孕んでいる。その思いは『聖地X』を観ることによって、ほとんど確信へと変わった。

 『聖地X』を観て真っ先に思い出したのは、イキウメの過去の作品『散歩する侵略者』で取り扱われた、由々しき夫婦間の問題についてであった。『散歩する侵略者』では、夫の体を乗っ取った、他人の概念を奪う宇宙人(かもしれない侵略者)が、夫は記憶障害だと思い込んでいる妻のとある概念を半ば事故的に奪ってしまってすぐに、深く深く絶望する。けれども、対照的に妻の気持ちはその瞬間すっと晴れやかになる、その夫婦間の悲しいギャップが印象的であった。それとは対照的に『聖地X』は、邪悪で不思議な事件が多発するものの クスコ 車高調整サスペンションキット street A アッパーマウントレス 187-61J-CB トヨタ アリスト JZS160/161、はじめに提示される夫婦間の解消しようがないかと思われた揉め事は、結果的に予想外の解決法で、スタンダードでポジティヴな場所に着地する。『聖地X』で目をみはるべきなのは 、

【MOTUL】 モチュール 4100 POWER(4100 パワー) 15W50 4L,[#tong##]

 メーカが新システムを導入するため、11/7日まで出荷停止となります。納期回答は11/6日より順次させて頂きます。高温時の粘度変化が少なく、油性を保持し、燃料希釈を低減。オイルが酷使されるサマー・シーズン等で威力を発揮します。[品名]4100 Power 15W50[特長]化学合成(テクノシンテーゼ)4ストロークエンジンオイルガソリン/ディーゼル用[SAE粘度]15W50[適合規格]API SL/CFACEA A3/B3[メーカーアプルーバル]VW501.01/505.00MB229.1[適合]ガソリン,ディーゼル,ターボ,NA全ての車種

、あくまでもその場所へ、人として当然の葛藤を経た上でようやくたどり着いた、その曲がりくねった経緯なのである。

 『聖地X』はもともと『プランクトンの踊り場』改稿再演にあたってタイトルを変更した演目だが、果たして再演と呼んでいいのか迷うほどに、作品の根幹から変質している。登場人物が減り、舞台美術がシンプルでありながら多数の仕掛けを備えたものとなり DUNLOP ダンロップ エナセーブ RV504 ENASAVE ミニバン サマータイヤ 195/70R15 MANARAY Euro Speed S810 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +52 5穴 114.3、そして何より、それぞれの人柄が濃厚になった。『プランクトンの踊り場』を観たのはじつに5年前のことなので記憶が曖昧なのをお許しいただきたいが、その時はSF的な仕掛けに驚きはしたものの、はじめてのイキウメ観劇であっけにとられていたのだろうか Clazzio クラッツィオ クール ED-0678 タンベージュ×ブラック/タンベージュダブルステッチ ルクラ L455F/L465F、当時の装置の大掛かりさもあいまって、それぞれの登場人物がいったいどういう物語を背後に備えているかという部分にまで、関心がいたらなかった(早着替えが凄いんだよ! とか、人物がいきなり入れ替わるんだよ! とか、知人に話すときも仕掛けばかりがつねに話題に出ていたような気がする)。いや、『聖地X』ももちろん仕掛けに驚く愉悦はあり、シンプルになった装置もこちらの想像していない使われ方をして、驚愕をもたらしてくれるのだが、いい意味でそこにばかり焦点をあてて語るべき作品ではなくなっていた。

 離婚を決心して実家に帰った妻を夫が追ってくるものの、携帯をなくしたと途方に暮れている夫の仕事先に電話をかけると、当の夫本人が電話に出る。どちらが本物の夫なのか、どちらも本物なのか……ここから夫ともう一人の夫の一人二役、そしてさらに知らされていなかった「もう一役」を同じ役者が兼ね、しかもその三役が一同に会する(!)にあたって「舞台裏はどうなってるんだ!」とすぐに席を立ってのぞき見たい衝動に観客の誰もが駆られるわけだが、途中から、この二人の理想的な離婚はいかなる決着によるものなのだろうか、という別の興味に囚われはじめる。どう転んでも幸せな離婚の形態を考えることができないからである。そこで要の兄が 純正 ATF ミッションオイル 20リットル缶 マツダ ボンゴ SK82M用 オートマチックフルード M-III K020W0046E 純正品 オイル 20L 純正オートマオイル、フツーはやっちゃ駄目だろう倫理的に! というアイディアを思いつく。アイディアの詳細はこれからDVDを観る、あるいは戯曲を読む方の楽しみを奪いたくないので控えるけれども、観客の予想はまず裏切られる。途方もないやり方でこの複雑怪奇な事態は収束を迎える。いわれたときはあまりにも無理があると思われるのに、いざやってみるとこの選択肢以外ありえなかった、と納得してしまうから不思議である。そしてラストシーンの妻の幸福そうな笑顔を目撃すると、離婚という一筋縄ではいかない問題に関して、新しい見地に立たされることになる。

 現実に深く絶望しているひとへ、イキウメはまったく別の立ち位置から、いつも「考えもしなかったけれど、たしかに一考に値する」アイディアを提供してくれる。そのアイディアを実際に自分の人生に使うかどうかは、まあ、自己責任ではあるにせよ。

文:綾門優季

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-88168