ミライース/4WD/ダイハツ(H23/9~)純正形状タイプフロアマット【カジュアルタイプ】全座席分■耐久性・耐摩耗性に優れた安心の日本製/車種専用オリジナルフロアマット


 >  > ミライース/4WD/ダイハツ(H23/9~)純正形状タイプフロアマット【カジュアルタイプ】全座席分■耐久性・耐摩耗性に優れた安心の日本製/車種専用オリジナルフロアマット
セドリック Y34 エアロ4点セット ジェネレーション エイムゲイン

ミライース/4WD/ダイハツ(H23/9~)純正形状タイプフロアマット【カジュアルタイプ】全座席分■耐久性・耐摩耗性に優れた安心の日本製/車種専用オリジナルフロアマット Z1000MK-2

ミライース/4WD/ダイハツ(H23/9~)純正形状タイプフロアマット【カジュアルタイプ】全座席分■耐久性・耐摩耗性に優れた安心の日本製/車種専用オリジナルフロアマット ミライース/4WD/ダイハツ(H23/9~)純正形状タイプフロアマット【カジュアルタイプ】全座席分■耐久性・耐摩耗性に優れた安心の日本製/車種専用オリジナルフロアマット

 剣道には、「理合(りあい)」という言葉があります。「理」に「合う」と書きますが、「理に合っている」という意味ではありません。「理に合っている」場合は「合理(ごうり)」と言います。たとえば身体の動かし方が理に合っていれば「合理的な身体運動」などと言うわけです。

 「理合」は、逆から読んで「合う(=合っている)理」という意味になります。剣道を行うことに関して「合っている理」、あるいは「合うべき理」というものがあり、これを剣道の理合、あるいは剣の理合と言います。

 蛇足ですが、「理」とは「ことわり」で、「人の力では、支配し動かすことのできない、ものごとの当然のすじ道」というような意味があります。こうすれば必ずこうなるという必然の条理とか道理のようなものを「理(ことわり)」と言うわけです。

 ですから、「剣を用いて戦う技術においては、それに合うような、こうすれば必ずこうなるという必然の理」というものがあり、この「理」のことを「剣の理合」と言います。

 そして、この「剣の理合」に基づいて、各人が各人にとっての様々な身体運用や剣の操作をするための法則、すなわち「ある人が、剣を扱う技術を行うにあたって、その人が従い守るべきよりどころとなる法則」というものがあり、これを、その人の「剣の理法」と言います。

 剣道というのは、剣の理合を百錬の稽古によって学び、そこから自らが行うべき、自らの法則「剣の理法」を自得するための修練のことです。それ故「剣道は、剣の理法の修練」と言われるのです。

 さて、「剣の理合」はいくつもありますが、中でも三大理合とも言うべき3つの理合があります。それが、「間の理合(間合)」「正中線による攻防の理合」「中心取りの理合」です。そして、この3つの「理合」をわかりやすく教えているのが、日本剣道形の1~3本目であるというのは、前編でも説明しました。

[上へ]

間の理合

 間とは、相手と自分とが相対したときの距離を言うのですが、物理的な位置関係だけでなく、時間的なタイミング、更には心と心の関係も間という言葉で表現されることがあります。

 剣道で打突するためには、まず打つための間に入らなければなりません。そして、この間には、打てる間、打てない間、打ってはいけない間、打たれる間、打たれない間などがあり、こういう間の理合を「間合」と言います。

 私たちは、この間の理合を稽古を通して十分に学んだ上で、自分ならばこの距離この拍子(タイミング)ならば打つことが出来る、あるいは打つことが出来ない、または打たれないなど、自分自身の間の理法を見極め、

、これを身につけなければなりません。

 なお、一般に言われている間合には、一足一刀の間、遠い間(遠間)、近い間(近間)、わが間、敵の間、心の間などの理合があります。

 [一足一刀の間]
 この間は、一歩踏み込めば相手を打突できる間です。しかし同時に僅かに下がれば相手の打突をはずすことのできる間でもあります。ふつうはお互いに、この間で打突の攻防を行うことが多く、基本の間合とされています。

 [遠間]
 一足一刀の間より遠い間を言います。

 [近間]
 一足一刀の間より近い間を言います。

 間を遠くしていれば、相手の攻撃に対しては比較的安全ですが、攻撃の場合には思い切って飛び込まないと打てないので不利です。そのために稽古などでは特に遠間からの打突が大切だと言われます。

 [わが間・敵の間]
 自分の手元の勢力範囲を「わが間」、敵の手元の勢力範囲を「敵の間」と言います。各人が持っている竹刀の攻撃力のおよぶ範囲が、それぞれの間です。わが間(自分の勢力範囲)と、敵の間(敵の勢力範囲)との両方の円弧の距離を「間合」と言う場合もあります。

 [心の間]
 古来から、「敵より遠く我より近く戦うべし」という教えがあります。これは、間というものが物理的な一定の距離を刺すのではなく、時間的なタイミングと精神的な判断によるものだということを示しています。相手の出方を正しく判断し、体勢や気力、気迫を総合して、自分からは打ちやすく、相手からは打ちにくい状況と位置関係を作って戦うことを教えている言葉です。

[上へ]

敵より遠く我より近く

 前述したように、間というのは、相互の距離的なもののほかに、拍子(リズム、タイミング)的な意味合いや、心の持ち方までも含んでいます。

 そして、間の理合は「一足一刀の間」を基本としており、これは一歩踏み込んで竹刀を一振りすれば相手を打てる間合であるのと同時に僅かに下がるだけで相手の打突を外すことができる間合です。

 一般に「一足一刀の間」を「打ち間」と教えてくださる先生がいらっしゃいます。しかし厳密に言うと「一足一刀の間」は「打ち間」ではありません。「打ち間」だと思って打っていくと、相手は僅かに下がるだけでその打突を外すことができるのです。

 たとえば、A君とB君が竹刀を構えて互いに対峙しているとします。そして、A君は打突時に1メートル踏み込めると仮定します。竹刀は一般成人で1メートル20センチほどの長さがありますから、この場合、A君はおよそ2メートルの間から打突ができる計算になります。
■ ですから、B君との距離2メートルの間が、A君にとっての「一足一刀の間」ということになります。

 一方 ボンネット ( フード )【ギブソン】【1・2・3・4型・ハイエース200系ワイドミドル】GRAFAM EURO ボンネット [2JN]インテリジェントシルバートーニング、相手のB君は80センチしか踏み込むことができないと仮定します。竹刀の長さは同じだとすると、B君は1メートル80センチの間に近づかなければ打てないわけです。

 そしてこれがB君にとっての「一足一刀の間」です。

 この状況を単純に考えれば、A君の方がB君より遠間から打つことができて有利なはずです。B君は、打突するためには1メートル80センチの間に近づいてゆかなければなりませんが、A君はその20センチ先のところで、すでにB君を打つことができます。

 ここでB君が何もしなければ、当然この打突は当たります。

 ところが、A君が2メートルの間から打突して来ることをB君が予測していたらどうなるでしょうか。

 2メートルの間から止まっているA君を打つためには、本来ならB君も1メートル踏み込んで打たなければなりませんが、A君の方が先に1メートル跳んで打とうとしているのですから、それを予測したB君は、A君が跳んで来る途中の50センチのところをめがけて、50センチだけ踏み込んで打てば、A君を打てることになります。

 1メートルの踏み込みができるA君が、その力をぎりぎりまで発揮して2メートル先のB君を打とうとして踏み込んで行くのと、80センチの踏み込みができながら、50センチ分の力だけを発揮して余裕を持って1メートル50センチ先を打つB君と、どちらがコンパクトに速く打てるかは自明の理です。

 ですから E51 エルグランド リアウイング / リアスポイラー【エクスクルージブ ゼウス】エルグランド MC前 ( E51 ) EXE-LINE リアウィング メーカー塗装品、A君が先に始動して打ちに行き、B君が後から反応してこれを迎えても、先を取って打てるのはB君の方ということになります。

 これが間の理合を活用して「敵より遠く我より近く戦う」ためのB君の剣の理法です。

[上へ]

間合の妙

 腕力、脚力 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:フリード(GB3~4)】HOT STUFF ララパーム カップ ピアノブラック/リムポリッシュ 5.5Jx15ZIEX ZE914F 185/65R15、瞬発力のある若い剣士が、高齢の高段者に相メンで打ち負けてしまうのは、前述したような「敵より遠く我より近く」という「間合の妙」によるものです。

 では、ここでA君も「間合の妙」を活かしてB君に勝つためにはどうしたらよいのでしょう?。

 実は、A君は「一足一刀の間」を「打ち間」と勘違いして、2メートルの間から自分勝手に打って行ってしまうから、B君に打ち返されてしまうのです。2メートルの間では、B君は打てないのですから、ここであわてて打ちに行く必要はありません。

 B君は、もう20センチ間を詰めないと打てないのですから、20センチ詰めさせてやりましょう。ただし、ぼんやりとしたまま詰めさせてしまってはいけません。20センチ詰めようとして出てくるB君の、その右足が10センチ進んだところを捉えます。

 2メートルの間から、B君が10センチ進んだところを打つのですから、A君は1メートル跳ぶ必要はありません。90センチ跳ぶだけで、力を抜いてコンパクトに打てます。

 この時、A君の打ちにB君が気づいて反応しようとしても、B君は最初から20センチだけ前に進む足運びで出てきているわけです。ですから10センチ進んだところで、A君の打突に気づいて反応し、直ちに左足を引きつけて更に40センチ跳んで打とうとしても、完全に出遅れてしまいます。

 これが、「間合の妙」を活かしたA君にとっての「剣の理法」です。

 もっとも、文章を読むだけだと簡単そうに思えますが、B君が20センチ進む時間は百分の数秒という世界です。その中から10センチ進んだところを捉えるのは、並大抵のことではありません。

 もちろんA君自身の動作の反応時間も考慮しなければなりませんから、現実にはB君が20センチ進む動作を起こそうとする前に、その動作をしようとするB君の心を読んで対処しなければならなくなります。これが心と心の「攻め合い」です。

 剣道は、身体能力を活かした打突技術から、やがて心の動きを読み合う「攻め」の技術に入って行かなければなりません。そして、こうした「攻め」の技術は、何度も何度もの繰り返しの修練を経て、微妙なコツを自分自身で身につけてゆかなければならないのです。

 ですから、剣道は「剣の理法(理合に基づく自分なりの方法)を修練する道」であり「百錬自得の道」と言われます。

[上へ]

正中線の理合

 「正中線」というのは、身体の中心を縦に通る線です。これは人間の身体を正面から縦に真っ二つに切る線と見ることもできます。

 真っ二つに切るのですから、切り口は線ではなく平面になります。この平面を正中面としましょう。つまり自分の身体の真ん中を通って、自分の身体を左右に真っ二つにする平面、この平面が正中面です。

 この正中面を自分から見ると、平面の延長が自分の身体の真正面を縦に通る一本の線に見えます。これが剣道で言う正中線です。ですから正中面の延長線を、ここでは正中線と呼ぶことにします。

 剣道には、「正中線を斬る」という教えがあります。これが「正中線の理合」です。

 しかし、この理合を「相手の正中線を斬る」ことだと思っている人も多いようですが、そうではなく、これは「自分の正中線を斬る」という理合です。

 左右両の手で一本の剣を扱う場合に、もっとも効率良く剣を振る理合は、左右両腕の真ん中を縦に通る軌道に沿って振ることです。

 剣に限らず、ナタで薪を割るときやクワで畑を耕すときなども、自分の身体の真正面に薪を置き、身体の真正面の土を耕します。正面からずれたところに薪を置いたり、ずれたところを耕そうとすると、力が入りにくくなります。

 つまり剣道では、どんなときでも自分の正中線上にあるものを斬るということが大切です。

[上へ]

正中線の攻防

 正中線の理合に従って相手を斬るためには、相手を常に自分の真正面、すなわち自分の正中線上に置いておかねばなりません。つまり自分の身体を貫く正中面の延長上に常に相手が来るように自分自身が動かなければならないということです。

 そして逆の見方をすると、相手の正中線上に自分の身体を置かないようにすれば、相手から斬られることはないということにもなります。

 ですから、正中線というのは、自分から相手に向けた照準器、今風に言うならレーザーポインタのようなものです。照準器で相手を正しくとらえ、そのときの「間(距離やタイミング)」が、正しく「合う間(=間合)」にさえなっていれば、後は目をつぶっていても、自分の正中線に沿って剣を振り下ろすだけで相手を斬ることができます。

 この正中線による攻防の理合をわかりやすく教えているのが、日本剣道形の2本目です。

 打太刀は、自らの正中線上に仕太刀をとらえ、間合を測り、機を見て自らの正中線を斬ってゆきます。仕太刀は、その打太刀の正中線斬りを左への開き足による体捌きによって間一髪かわします。そして仕太刀は体を裁いてかわしても、自らの正中線を相手に向け、その正中線上に打太刀をとらえておくことを怠りません。そのため直ちに仕太刀が一歩進んで「小手の間合(小手を打つために、正しく合っている間)」に入って自らの正中線を斬ると、それが結果として小手斬りの技となります。

 これが、正中線の理合に基づいた攻防で、一般に「正中(線)の争い」などと呼ばれるものです。

 そして、この「正中の争い」で大切なことは、正中線は剣先で争うのではなく、足を使った体捌きで争うということです。

 どんなときでも正しく正中線を相手に向けておくために、正しい足捌きと、そのときの足の向き、腰の備えなどが非常に大切になり、さらに正中線に沿って正確に剣を振り下ろすことが出来るよう、素振りや打ち込みの稽古によって、これらを鍛え錬りあげておく必要があります。これが百錬の稽古です。

 最近、中高生の試合でよく見られのは、相手の竹刀の下に潜り込むように身体を横に向けての小手打ちや、相手に背中を向けるようにして打つ回転胴などです。これらは、いずれも自分の正中線で相手をとらえ、その正中線上で技を出していません。

 ですから、こうした技は正中線の理合に則っていない技、すなわち「理合の無い技」ということになります。

 そしてこのような理合の無い技をいくら練習したとしても、これは「剣の理法の修練」になりません。ですから結局それは本来の剣道でないということになります。

[上へ]

正中争いの理法

 正中線の攻防、すなわち正中争いについて、その理法の一端をここでもA君とB君を例を挙げて説明してみましょう。

 A君がB君に向かって真っ直ぐ中段に構えているとします。B君の攻めにA君が全く動じずにその構えを崩さなければ、B君はA君を打つことが出来ません。もしも無理に打とうとすれば、B君は打つと同時にA君の剣先に突き刺されて相打ちになってしまいます。

 そこで、B君がA君を打つためには、A君が構える剣先の延長線上、すなわちA君の正中線上から身を外し、なおかつB君自身の正中線上にA君を捉えておくように動かなければなりません。

 そのため、仮にB君が僅かに右に身体を捌いて、A君の左側、すなわち表側から攻めるように、A君を中心として扇状の動きをしたとします。これは、A君の全く動かないという「攻め」によって、まずはB君が先に動かされてしまったということになります。

 しかし、このままA君が動かなければ、B君に打たれてしまいますから、今度はA君も動かなければなりません。そこで、B君の動きに合わせて、A君もB君の方を向くように身体を僅かに回転させたとします。

 もしもこの時にB君がA君のその動きを予測できたら、右へ回り込むと見せかけてその逆に回り込むという方法で、A君の右側、つまり裏側を制することが出来ます。するとB君の勝ちです。A君は、最初B君を動かしたと思っても、実は動かされてしまったということになります。

 それでは、右と見せて左へ回り込もうとするB君の動きを今度はA君が予測して、その動きにあわせて僅かに右横へ動いたらどうでしょうか?。

 B君はA君を自分の正中線上に捉えたまま扇状に体を捌いて裏から攻めようとした瞬間、A君が右横に体を捌けば 【ブレンボ】グランツーリスモブレーキキット SUBARU Legacy2.5GT、 3.6R [ BM9 BMG ][ 2010~ ][ REAR ] 【 キャリパー:Monoblock4 カラー:シルバー ピストン数:4POT ローター径:345x28mm 2ピースロータ スリットローター 】、B君が狙った正中線上にA君の身はなく、逆にA君の正中線上にB君自身の左側、つまり表側をさらけ出して制された状態になってしまいます。

 この時、A君にとっての打突の距離とタイミングの間が合っていれば、すなわち彼の間合になっていれば、A君は自分の正中線に沿って剣を振り下ろすだけでB君を打つことが出来ます。そこでB君はそうならないように、さらにA君の上を行く動きを工夫しなければなりません。

 これが正中線の理合に基づく攻防(正中争い)であり、この稽古の中から各人が各人に適した正中争いに勝つための理法を工夫し身につけて行くのが「剣の理法の修練」ということです。

[上へ]

中心の理合

 剣道では「中心を取って打て」と教わります。では、この「中心」というのはどこでしょうか。「喉」でしょうか。それとも「胸」の真ん中でしょうか。そして「中心を取る」というのは、どこをどのように取ることなのでしょうか。

 よく「中心を取れ」と言う割には、それが何の中心でどこにあるのかを具体的に教えてくれる先生は少ないようです。そして、何のどこが中心かがよく分からないので、中心を取れと言われても、具体的にどのようにして取ればよいか分からないのです。すると、せいぜい剣先を相手の喉元に向けておくことが中心取りだと思ってしまいます。

 そして、剣先を相手に向けておくことが「中心取り」と考えてしまうと、前述した「正中線」を相手に向けておくこととの違いがよく分からなくなってしまいます。そのため「正中線」や「中心」という言葉の使い分けがあやふやになって混同してしまいがちになります。

 ですから剣道の攻めにおける「中心の理合」を学ぶ上で、まずは「中心」というのが何の中心で、それがどこにあるのか、そして中心を取るというのはどういう事なのかをきちんと把握しておかねばなりません。

[上へ]

制すべきポイント

 戦いには、ある時期にある場所を制すれば圧倒的に有利になるというポイントがあります。そのポイントを見つけ、そこを制するのが戦いの鉄則です。

 最近、映画で有名になった硫黄島もそのポイントでした。日米の戦争において、硫黄島はアメリカにとって戦争に勝つために必ず制さなければならないポイントで、日本にとってもそれは決して奪われてはならないポイントでした。ですからその攻防は凄絶を極め、映画に描かれたような悲劇が生まれたわけです。

 アメリカは硫黄島を制した時点で、すでに戦争の勝利を手中にしていました。ですから、アメリカにもう少しの心のゆとり、ちょうど剣道形3本目の仕太刀のような活人剣の心があれば、その後にあえて「面を打ち割る」ような行為、すなわち東京空襲や原爆投下などを行う必要はなかったはずですし、日本も硫黄島を奪われた時点で、潔く敗北を認めていれば、更なる悲劇は続かなかっただろうと思います。

 ちょっと話がそれてしまいましたが、ようは、剣道においても硫黄島のような、勝つためには必ず制さなければならない、そして負けないために決して奪われてはならないポイントがあるということです。そしてそのポイントこそが、剣道で言うところの「中心」であり 『N-BOX』 純正 JF3 JF4 14インチアルミホイール MC-001(ブラック塗装) ※1本につき パーツ ホンダ純正部品 安心の純正品 オプション アクセサリー 用品、その「中心の取り合い」こそが、剣道の攻防そのものなのです。

 そして、この「中心」というのは、先に説明した「間の理合」によって「打てる間」に入り込むと同時に、「正中線の理合」によって、自らの正中線上に相手を置いた上で、今、相手を打てば確実に打つことが出来るという、距離と時間の位置取りのタイミングがぴったり一致した瞬間の一点(ポイント)と見ることができます。

[上へ]

空間上の中心

 打突のタイミングのポイントは時間軸上にありますが、距離(間)と位置取り(正中争い)が一致するポイントは空間上にあります。まずはこのポイントを探してみましょう。

 剣道の身法編の第4章「合理的な太刀筋」の章で、竹刀は重心点を中心に振るべきということをお話ししました。ですから、この重心点を中心とした竹刀の回転運動で打突するためには、打突の直前に、この重心点をどこに置いておくのが効果的なのかを考えなければなりません。

 打突するためには、まずは打突の直前に「打てる間」に入らなければなりません。この「打てる間/打つ間」に入ったときに、先の「合理的な太刀筋」で述べたように、重心が最適な放物線を描くような太刀筋で効率よく打つわけです。

 そのためには、先の「正中線の理合」をもとに、打突の直前に自分の竹刀の重心点が自分自身の正中線上にあって、なおかつその重心点が相手の正中線を制しているのが理想的です。

 このことを分かりやすくいえば、中心は自分の竹刀の重心点で取るということです。

 一般に、互いに中段の構えで、相手の正中線を剣先で取ったり取られたりというのを中心の取り合いと考えてしまうようですが、これは中心取りとは全く関係のない、無意味な行為だと私は考えています。

 実際、打突前に自分の剣先で相手の剣先を押さえて、中心(ここで言う正中線)を制したと思っても、振りかぶった瞬間には、相手の剣先は自分の正中線上に戻ってきてしまうでしょう。これでは打てません。

 ですから、剣先で取り合うのではなく、打突の直前にもっと深い間合に入り込んで、竹刀の重心で相手の正中線を制してしまうことが必要です。

 これが、後述する「中心を取ったときの体勢」であり、この体勢を分かりやすく教えてくれているのが剣道形の3本目です。
[上へ]

中心を取った体勢

 互いに中段の構えで、剣先と剣先が互いに交差して重なり合った状態。これを交刃の間といいますが、この交差点をまずは空間上の中心と考えて下さい。(厳密には相手と自分との関係において多少前後上下に移動します)

 交刃の間から「機を見て」、右足を滑らせるようにしながら僅かに前進し、同時に両手を軽く突き出して、剣先で相手の喉元を攻め続けたまま、竹刀の重心点を先ほどの中心点に重ねるようにします。これが竹刀の重心で中心を取ったときの体勢です。

 自分の竹刀の剣先は、相手の喉元を突き刺すように攻めたまま、その竹刀の重心点と相手の竹刀の剣先(切っ先と中結いの中間点くらいのところ)が交差したかたちになり、この時右足は滑るように前進を続けていて、体の重心位置は両足の間にあるものの、加重は左足にされていて、右足は床に着くか着かないかの状態です。

 互いの間にある中心点を、相手は力の入りにくい剣先で押さえようとし、自分の方は打突の回転軸となる竹刀の重心点で取っていますので、この時点で中心の取り合いに力負けすることはありません。

 こういう体勢が作れた瞬間が、空間上の中心点を取った瞬間だと、私は感覚的に捉えています。そしてこの体勢が作れたら、あとは自分の正中線に沿って竹刀の重心点を中心とする回転運動で打突するだけです。速く打つ必要はありません、むしろ相手の打突の上から大きく乗るイメージを持って打ちます。

 相手が中心を取られたままでいれば、そのまま表から面が打てますし、相手が剣先に力を込めて中心を取り返そうと横から押さえれば、こちらが振りかぶった瞬間に剣先が外れて裏から面が打てます。

[上へ]

剣道形3本目に学ぶ

 ここで日本剣道形の3本目を思い出してみましょう。仕太刀が突き返してゆくときに正中線をしっかりと確保しているのは、剣先と言うよりは木刀の鍔の先10センチほどのところ、すなわち木刀の重心位置です。

 物体の重心点というのは、物体が移動する際に一番安定している箇所です。剣のこの重心点でしっかりと中心を取られてしまうので、打太刀は自らの剣先でそこを押さえて正中を取り返そうとしても、力の入りにくい剣先では、安定した剣の重心点で取られた正中を取り返すことが出来ずに、結局下がらざるを得ないわけです。

 剣道形3本目は、仕太刀が中心取りの争いに勝って、今まさに打たんとする直前の形です。

 これは逆の言い方をすれば、剣道形3本目の仕太刀の位置とそのときの体勢、すなわち剣先を相手の顔につけて、その剣の重心点でしっかり中心を確保した体勢になったとき、それは中心を取って攻め勝ったことを示しています。ですから、その体勢から打てば、ほぼ確実に相手を打つことが出来ます。

[上へ]

時間上の中心

 これまで説明したように、「中心取り」の第一歩は、まずは「間の理合」と「正中争いの理合」の活用によって、打突することができる距離と位置取りがぴったり合う空間上の中心点を自分の正中線上に求め、そこを剣の重心位置で制することです。

 それが「中心を取った体勢」であり、ちょうど剣道形3本目で仕太刀が打太刀を追い込んで行くときのかたちです。

 しかし、むやみやたらにこの体勢の「かたち」ばかりを作ったところで、それは完全に中心を取ったことにはなりません。この体勢に持ち込むべき機会、すなわち打突のタイミングという時間軸上の中心点に合わせて空間上の中心点を取った体勢を作らなければならないのです。

 つまり空間上の中心点と時間軸上の中心点を重ね合わせて、そこを竹刀の重心点で制したときが、中心を取った状態、すなわち攻め勝った瞬間です。あとは基本どおりに自分の正中線上で技を出せば、相手に勝利することができます。

 では、時間軸上の中心点というのはどこでしょう。これは、古来から3つの中心点があると考えられ、そこを制することを「先」という概念で伝えられています。

○1つ目は、相手が「技を出して、その技が決まる直前」です。

 つまり、技が技として「かたちに現れたとき」とその技が「効力を発するとき」の中間点で、ここをひとつの中心として捉え、そこを制することができれば、相手の「技」をその効力が発する前に封じてしまうことが出来ます。

 技が効力を発揮せずに終わるので「技の尽きるところ」と見ることもできます。

 ここでこちらが技を出せば、それが「応じ技」です。

 宮本武蔵の創始した二天一流では、ここを制して打つことを「待の先」と言っています。これを「後の先」と言う場合もあります。

○2つ目は、相手が「構えた状態から、技を出そうとして動き出す直前」です。

 これは、構えという「静」の状態から、打突という「動」の状態に切り替わる中間点、あるいは「攻撃」という言葉の「攻(せめ)」から「撃(うち)」に変化する瞬間と言い換えても良いかもしれません。いわゆる「起こりがしら」です。

 ここを中心として捉えて制することが出来れば、相手の「動き」を封じることが出来、ここでこちらが技を出せば、それが「出鼻技」になります。

 二天一流では、ここを制して打つことを「体々の先」と言っています。また、「先の先」あるいは「先前の先」などと言うこともあります。

○3つ目は、相手が「打とうと意識する直前」です。

 人は、何かに対応して行動を起こそうとしたとき、頭の中で「こうしよう」と考える前に無意識的な反応動作が先行します。ハッと息を呑む瞬間です。

 頭で考える前者を顕在意識、無意識的反応の後者を潜在意識とも言いますが、この無意識(潜在意識)から有意識(顕在意識)に切り替わる瞬間、ここを中心として捉え制することが出来れば、相手の「打ち気」を封じることが出来ます。

 そしてここを打ち込めば、まさに相手の「居つくところ」を打つ「先制の技」ということになります。

 二天一流では、ここを制して打つことを「懸の先」と言っています。また、「先々の先」という場合もあります。

 以上3つの時間軸上での中心の取り方を、

  1、剣(技)の中心を取る 
  2、体(動作)の中心を取る 
  3、気(心)の中心を取る

というように言い表すこともでき、それぞれを、

  1、技の尽きるところ
  2、起こりがしら
  3、居つくところ

として、「打突の好機」、「3つの許さぬところ」と教えることもあります。

[上へ]

中心取りの理法

 このように、間合、正中線、そして相手の崩れや出鼻や居着きなどの時間軸上の好機(三つの先)という、これら打突のための全ての条件がぴったり一致する瞬間を捉えることが「中心を取る」ということであり、そのときの彼我の体勢が「攻め勝った」状態であると私は考えています。

 そして、中段同士の攻防における、その条件が一致した体勢の一つが、剣道形3本目で仕太刀が打太刀を追い込んでゆくかたちです。

 その最終の体勢、すなわち、仕太刀の剣先が打太刀の顔の中心を制して、打太刀の剣先は正中線を外れて死んでしまっているという、剣道形3本目の最後のかたちが、中心の取り合いを制して完全に「攻め勝った」理想の体勢であると思います。

 ですから、この全ての条件が一致した状況をいかに作るかを工夫するのが「攻め」ということであり、その理法を得るための手段の一つとして、私の場合は相手に向けた自分の正中線上のある一点を中心と見定め、そこに自分の竹刀の重心点を重ね合わせる瞬間に、他の全ての条件を一致させようとする方法をもって、この「中心取り」を実現させようとしています。

 ただし、これはあくまで私の方法、つまり私自身の理法ですから、こうした条件の一致のさせ方については、各自が各自の方法を工夫し自得しなければならないものと思います。

[上へ]

活人剣の理合

 剣道の3大理合である間合、正中線、中心の理合を知れば、剣道の修練は 、この中心をどうやって取るかという「攻め」の部分に向けられます。

 竹刀で相手を打つという行為は、この中心を取ったということを相手に知らせる行為であって、打つことが自体が剣道の目的ではありません。言い換えれば、中心を確実に取りさえすれば、あえて相手を打つ必要が無くなります。

 つまり、実戦ならば、相手を斬って殺す必要がなくなるわけです。これが「活人剣」で、剣道が最終的に目指している、相手を殺さずに勝つ方法です。

 日本剣道形は、1本目、2本目の理合を活かして、3本目では中心を取って、相手を斬らずに勝つ、

ミライース/4WD/ダイハツ(H23/9~)純正形状タイプフロアマット【カジュアルタイプ】全座席分■耐久性・耐摩耗性に優れた安心の日本製/車種専用オリジナルフロアマット

、活人剣の理合を教えています。

[上へ]



[前頁]   [目次]   [次頁]

Copyright ©ミライース/4WD/ダイハツ(H23/9~)純正形状タイプフロアマット【カジュアルタイプ】全座席分■耐久性・耐摩耗性に優れた安心の日本製/車種専用オリジナルフロアマット All Rights Reserved.© 2001-2018 はくどー庵. All Rights Reserved.

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-10049