>  > ■エスペリア スーパーダウンサスラバー【BR-1738F】フロント ホンダ N BOX スラッシュ JF1 2WD NA G/G・Aパッケージ / X S07A H26/12~
225/45R17 サマータイヤ タイヤホイールセット 【送料無料】Verthandi YH-M7 17x7.0 +53 114.3x5 METALLIC GRAY + ATR SPORT (225-45-17 225/45/17 225 45 17)夏タイヤ 17インチ 4本セット 新品

「祈りよ 届け」の更新通知を受け取る場合はここをクリック

■エスペリア スーパーダウンサスラバー【BR-1738F】フロント ホンダ N BOX スラッシュ JF1 2WD NA G/G・Aパッケージ / X S07A H26/12~

ブログトップ
好きなリンク先を入れてください

70代。私とある人に必要な滋養と平和が得られますように。原因不明の病気で、老老介護の半歩手前。本からの引用が多い記事はファン限定公開です。


by 空
カテゴリ
全体
私の病気について
このブログについて
病いを生きるには(まとめ)
癒す言葉(老子・セラピー・医療ほか)
トゥルク・トンドゥップ(心の治癒力)
自分を癒す
好きな音楽・動画
18インチ サマータイヤ セット【適応車種:ティアナ(J32系)】WEDS レオニス グレイラ ベータ ブラック/ミラーカット 8.0Jx18VEURO VE303 225/45R18自分を励ます
マーク・イーアン・バリシュ
ラム・ダス(老・病・死)
ティク・ナット・ハン師の言葉
ウ・ジョーティカ長老の言葉
インド(仏教・神話・哲学)
17インチ サマータイヤ セット【適応車種:アルテッツァ(16・17インチ装着車)】WEDS レオニス FY パールブラックミラーカット 7.0Jx17ADVAN ネオバAD08R 215/45R17いろいろな人・人生
いろいろな人間関係
ヒーリング・スピリチュアル
なつかしいもの・人・場所
今日の確認
日記・ぼやき・つぶやき
ある人に
未分類
以前の記事
最新のコメント
makezuniikin..
by kusakisora2 at 13:54
お久しぶりです。ご訪問あ..
by makezuniikinuke at 09:22
鍵コメさん。コメントあり..
by kusakisora2 at 10:39
鍵コメさん。コメントあり..
by kusakisora2 at 09:20
鍵コメさん コメントあり..
by kusakisora2 at 10:31
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
2018年 07月 02日

■エスペリア スーパーダウンサスラバー【BR-1738F】フロント グレイラ ホンダ N BOX スラッシュ JF1 2WD NA G/G・Aパッケージ / X S07A 195/65R15 H26/12~


以下、引用メモです。(改行・色づけあり。)

************************************

神智学 - Wikipedia  から引用。

神智学(しんちがく、 theosophy)とは、
神秘的直観や思弁、幻視、瞑想、啓示などを通じて、
神とむすびついた神聖な知識の獲得や
高度な認識に達しようとするものである。

グノーシス派、新プラトン主義、インドの神秘思想などにも
神智学的傾向がみられるが、
狭義には以下の二つのものを指す。

一つは、17世紀にヨーロッパで顕在化した
近代の「キリスト教神智学」の潮流であり、

もう一つは1875年に設立された
インドに本部のある「神智学協会」の思想である。

後者は近現代に新たに創出された体系であり、
両者には共通点もあるが、系譜上のつながりはない。

通常、神智学と言えば
ニューエイジ(スピリチュアル)の源流である
神智学協会に関するものを指すことが多い。

本記事では、神智学協会系の思想を区別する場合は
〈神智学〉と表記する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈神智学〉は、
19世紀にブラヴァツキー夫人こと
ヘレナ・P・ブラヴァツキーが唱導した心霊主義、
なかでも彼女とヘンリー・スティール・オルコットが創設した
神智学協会(Theosophical Society、1875年創設)に端を発する、

古代の忘れられた「叡智」の再発見と
「普遍宗教」の確立を目指す運動とその教義を指す。

現代において神智学と言えば、
神智学協会の教義を指すことが多い。

〈神智学〉の基礎となる主要著作のひとつは、
1888年に出版されたブラヴァツキーの大作
『シークレット・ドクトリン』である。

西洋と東洋の智の融合を目指す〈神智学〉は、
のちのアメリカのニューエイジ運動、
大衆的オカルティズムの起源となった。

〈神智学〉は、当時は
「世界をおおうバニヤン樹」といえるほどの広範な影響力を有し、

現代にも影に陽にその大きな影響は続いている。
神智学協会の諸団体は世界の52以上の国でなおも活動している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブラヴァツキーと〈神智学〉運動

ロシア出身のヘレナ・P・ブラヴァツキー
(通称ブラヴァツキー夫人、1831年 - 1891年)

アメリカ人のヘンリー・スティール・オルコット
(通称オルコット大佐、1832年 - 1907年)と
ブラヴァツキーらが1875年に組織した
神智学協会(神智協会)によって広められた。

R・A・ギルバートは、
神智学協会が広めた〈神智学〉は
独自解釈した仏教・ヒンドゥー教であり、
ヤーコプ・ベーメに代表される
伝統的な神智学とは全く関係ないと明言している。

ブラヴァツキー自身は、〈神智学〉は宗教ではなく、
「神聖な知識」または「神聖な科学」であると述べている。

当時ヨーロッパでは仏教に関心が持たれていた。
外国人の入国が禁じられていたチベットについては、
超能力を持つラマなど神秘的な逸話が流布しており、
欧米人は深いあこがれを抱いていた。

ブラヴァツキーらは〈神智学〉を
真の仏教、「秘伝仏教」であるとし、
彼らが「大師(マスター)」「マハトマ(偉大な魂)」と呼ぶ
チベットの精神的成就者(アデプト・秘儀参入者)から授けられた
秘密の教えであると主張した

(哲学者・宗教学者・社会学者のフレデリック・ルノワールは、
 実際には仏教よりもヒンドゥー教に近いと述べている。)

ブラヴァツキーはアメリカで執筆した大著
『ヴェールを剥がれたイシス』では
カバラ、新プラトン主義、グノーシス、メスメリズムなど
古今東西のさまざまな思想を引き合いに出したが、

活動の場をインドに移してからは
ヒンドゥー教や仏教の教えを多く取り入れた。

しかしそれらの東洋思想の理解には限界があり、
理解可能で利用できる部分だけを摂取して、
それから先はカバラや新プラトン主義で補うという方法が取られた。

西洋のインド思想・仏教の理解は誤解に満ちており、
理解できない部分を「西洋思想」で補って解釈しているため、
「カルマ」や「輪廻転生」などの解釈は
引用元のものとは相当に異なる。

ブラヴァツキーは
1877年に第一の主著『ヴェールを剥がれたイシス』を発表し、
1888年には第二の主著『シークレット・ドクトリン』を発表した。

前者は、題名から理解されるように、
西洋オカルティズムの故地とされるエジプトを志向したものである。

『シークレット・ドクトリン』で
ブラヴァツキーの教えは完全な形で示された。

岩本道人(吉永進一)は、この本は
近代〈神智学〉文献で最も重要なものであると述べている。
ただし プロジェクトμ タイプPS リア左右セット ブレーキパッド シビック EU3/EU4 R389 取付セット プロジェクトミュー プロミュー プロμ TYPE PS ブレーキパット【店頭受取対応商品】、通常の理解力では
到底把握できない内容・文体であった。

教育学者の岩間浩は CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747S (クラブリネア L747S) 20インチ 8.5J PCD:115 穴数:5 inset:32 DISK TYPE:LOW カラー:ブロンズクリア [ホイール1本単位]/H、
神智学協会は極めてユニバーサルな、国際的、非ドグマ的、平和主義的、精神修養的な性格を持っていたと述べている。

ブラヴァツキーが人種・宗教・身分を超えた
神秘主義研究を訴えたこともあり、当時は影響が大きかった。

ヨーロッパ諸国、北米、英国の統治下にあったインドを中心に
世界的に普及し、

ルドルフ・シュタイナーの人智学など
多くの分派や支流を生み出した。

神智学協会は、秘教思想、そして仏教やヒンドゥー教の
基本的な考えが西洋世界に普及するうえで、
深い影響を与えた。

神智学協会自体の活動は1930年代には下火になったが、
その思想は書物などを通じて
広範な影響力を今も有しており、
近現代の新宗教やニューエイジにもその大きな影響が窺知される。

ニューエイジの思想や実践の大半は、
1875年から1925年の協会の活動に
その淵源を見出すことができる。

例えば、20世紀初頭の〈神智学〉の本や雑誌では、

ヨーガ、瞑想、占星術、チャクラ、オーラ、
水晶、前世、スピリチュアル・ヒーリング、
天使と妖精、象徴表現、民間伝承 、
古代密儀宗教、世界の宗教の聖典の
秘教的な解釈などが取り上げられていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩間浩は、〈神智学〉および神智学協会の特質を、
次のようにまとめている。
(以下その中から4つだけ抜粋引用)

・宗教の「源は一つ」であり、
 各宗教は最高の自覚へと至る門であるとし、
 それぞれの宗教の「比較研究」をする。
 すべての人・生命は神性を宿すとみる立場(神性の原理)、
 すべての人を同胞とみる立場から、
 宗教・宗派、人種・民族、国、
 性 タイトヒッチ ランドクルーザープラド 95系 ステンレスタイプ2※代引不可 ※受注生産商品、返品・キャンセル不可 ※本州送料2160円※北海道、沖縄、九州、四国特別送料、身分、職業、貧富などの違いによって
 人を差別することを禁じる。

・自然及び人に秘められた真理を探求する。
 人とは「人生という学校」で学びつくすまで
 生まれ変わりを繰り返しつつ、
 「進化」の道を辿る(再生誕の法則)とし、
 生命の不滅を説く。

・特に心の純粋性、愛、高貴性、正義、公平、

■エスペリア スーパーダウンサスラバー【BR-1738F】フロント ホンダ N BOX スラッシュ JF1 2WD NA G/G・Aパッケージ / X S07A H26/12~,[#tong##]

■メーカー エスペリア■商品名 スーパーダウンサスラバー■車種 ホンダ N BOX スラッシュ■型式 JF1■備考1 2WD NA G/G・Aパッケージ / X■備考2 ■エンジン型式 S07A■年式 H26/12~■部位 フロント■品番 BR-1738F

 寛大、誠実、無執着、自由といった内面性を重視する。

・人の思ったり行ったりする行為はすべて宇宙に影響を及ぼし、
 やがてその結果を刈り取る(カルマの法則)、
 思いを含む全ての行為は作用があれば反作用がある
(作用反作用の法則)と説く。

(そう言えば、これらの言葉、
 スピリチユアル系のブログでよく目にしたような。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思想の3つの柱

ブラヴァツキーは
『神智学の鍵』 (The Key to Theosophy) において、
折衷的神智学の思想の柱は
次の三つであるとしている。

全宇宙の根底には、
一つの絶対的で人智を超えた至高の神霊や
無限の霊力が存在しており、
見えるものも見えないものも含めた
万物の根源になっている、という思想。

普遍的な魂からの放射である人間は、
その至高の神霊と同一の本質を共有しているがために
初めから永遠で不滅である、という思想。

「神聖な作業」を通じて神々の働きを実現すること。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マハトマ(偉大な魂)・大師(マスター)

ブラヴァツキーはインドに渡って以降、
自らの思想が、「大師(マスター)」
「マハトマ(偉大な魂)」と呼ばれる
霊的熟達者(秘儀参入者)に由来するとした。

マハトマは大賢者として
ゴータマ(釈迦)から伝わる大宇宙の秘儀に通じているとされた。
マハトマは複数存在し、
チェラ(弟子)にその秘儀を継承していくと考えられた。

チャールズ・ウェブスター・レッドビータの著作
『人間 - どこから、どうやって、そしてどこへ』(1913年)や
『大師とその道』(1925年)は、
イエスも大師のひとりに挙げている(イエス大師)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第二世代以降のマハトマ

ガンジーを最初にマハトマと呼んだのは、
神智学協会2代目会長の
アニー・ベサントであったとも言われる。

また、霊的進化のためには、
ヨーガや瞑想の修行が有効
という考えも説かれるようになっていった。

レッドビータは、瞑想の実践により透視力を得ると、
オーラの感知、さらには
「アカシック・レコード」と呼ばれる
霊的な記憶の場にアクセスすることによる
過去視・未来視が可能になるという。

(オーラの感知、アカシック・レコード。
 この言葉も、何度か目にしたなぁ。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イギリス生まれのアリス・ベイリーは、
移住先のアメリカで神智学協会に関わったが、
協会から離反して1923年に
アーケイン・スクールという団体を創設した。

彼女は大師のジュワル・クール(英語版)と
テレパシー通信していると主張して、
多くの著作を発表した。

彼女の書籍は他の〈神智学〉の書籍と共に
ニューエイジに大きな影響を与えた。

以下、
〈神智学〉の歴史観・世界観・人間観などは省略。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後世への大きな影響

杉本良男は、神智学協会の直接の影響下に育って分派していった
ジッドゥ・クリシュナムルティ、
ルドルフ・シュタイナー、
アリス・ベイリー、
その直接の影響を強く受けたガイ・バラードのほか、

若干距離をとっていたゲオルギイ・グルジエフと
ピョートル・ウスペンスキー、
神智学協会創設の年に生まれて
その使命をうけついだと自称したアレイスター・クロウリー、
ティモシー・リアリーなどの高名な近代の神秘主義者は [KNIGHT SPORTS] ナイトスポーツ ブーストセンサーアダプター 1.5L SKY-D/SKY-G CX-3 DK5AW DK5FW DK8AW DK8FW DKEAW DKEFW 沖縄・離島は要確認、
いずれも直接間接に
ブラヴァツキーの影響下にあると述べている。

〈神智学〉は「ニューエイジ」運動に影響を与えた。
大田俊寛によると、〈神智学〉で発展した
「霊の進化」の理論は、
1960年代に入るとアメリカ西海岸が中心になり、
「ニューエイジ」の思想として大衆的なブームとなり、
その「死生観」(霊的進化と転生)は世界中に広く普及した。

大田俊寛の指摘するところでは、

チャネラー・心霊治療家のエドガー・ケイシー、
UFO研究・UFO信仰のジョージ・アダムスキー、
マヤ暦に神秘的な意味を求め、
宇宙的存在(宇宙人)のビームの影響で
地球に文明がもたらされたとするホゼ・アグエイアス、
爬虫類人類による陰謀論を唱えた
デイビッド・アイクといった
アメリカやイギリスのポップ・オカルティズムの旗手にも
〈神智学〉の影響が見てとれる。

神智学協会の〈神智学〉は下火になったが、
その思想体系は大量消費社会が実現されたアメリカで
「ポップ・オカルティズム」へと形を変え、
ニューエイジ文化の一部となったと見ることができる。

〈神智学〉は、西洋占星術の復興に大きく貢献した。

・・・・・・・

幼児教育者でモンテッソーリ法という教育法を提唱した
マリア・モンテッソーリは、
現代の日本でも有名な人物であるが、
アニー・ベサントはモンテッソーリ法を高く評価して
両者は深い友情を結んだ。

また、人智学を提唱したシュタイナーも
独自の教育法で知られているが、
岩間は総合的方法で学校運営を行ったエンソアより、
むしろ神智学協会を離脱したシュタイナーの学校に
〈神智学〉独特な生活の反映を見ることができると述べている。

同じく神智学協会を離脱したクリシュナムルティの学校でも、
自己訓練を通しての自由が養育されている。
他にも神智学協会は数々の影響を教育界に及ぼしたという。

・・・・・・・

魂や心霊を象徴として描き、
霊界を描写したという童話『青い鳥』の
ベルギーの作家メーテルリンクもブラヴァツキーの信奉者であった。

アメリカの独自性を感じさせる初めての国民的童話である、
ライマン・フランク・ボームの
『オズの魔法使い』には、
科学とオカルト(魔術)が一体となった
〈神智学〉の思想が深く浸透している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈神智学〉運動と日本

(日本で)一般に広まったのは、
「精神世界」の流行
「第三次宗教ブーム」が見られた
「1970年代から80年代」以降である。

〈神智学〉はヨーガを含めた「精神世界ブーム」
(現在の「スピリチュアル」)の重要な一角を占めており、

グノーシス主義等を研究している宗教学者
大田俊寛の指摘するところでは、

幸福の科学、オウム真理教、GLA、
本山博の玉光神社、桐山靖雄の阿含宗などの日本の新宗教にも、
〈神智学〉の唱えた霊的進化論の隠然たる影響が見てとれる。

日本では一昔前に「シュタイナー教育」が流行したこともあり、
人文系の研究者には
〈神智学〉の系譜の代表的な思想家のひとりである
ルドルフ・シュタイナーの信奉者がかなり多く存在しているが、
シュタイナーの思想や世界観は
明確に理解されていないと、
大田は指摘している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

評価・批判

ブラヴァツキーの精力的で喧嘩好きな性格や、
神秘を演出するためのちょっとした手品、
思想を彩る作り話、演出された態度、
学問的精密さと「科学的」資料が重視された時代に
著作の典拠をセンセーショナルに偽るといったやり方は反発を招いた。

(セオドア・ローザク は)
彼女のぶかっこうな形而上学的思弁を評価できないにしても、
その〈神智学〉は
19世紀思想中で最も冒険的で興味ある体系であり、

少なくとも超越的パーソナリティに関する心理学
(トランスパーソナル心理学)においては
創始者と見るべきであると述べている。

一方、大田俊寛は、
〈神智学〉を一つの始まりとする、
輪廻転生を通した「霊魂の進化」という思想は、
往々にして純然たる誇大妄想の体系に帰着してしまい、

霊的なレベルを根拠とする階級意識・差別意識、
妄想の昂進、偽史の膨張などの問題が見られると指摘している。
(引用おわり)

************************************

感想メモ:

〈神智学〉
私にはなんとも理解できないし、ついていけない。
前々回 にも書いたけれど CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L612 (クラブリネア L612) 20インチ 8.0J PCD:112 穴数:5 inset:38 DISK TYPE:LOW カラー:ハイパーブラック [ホイール1本単位]/H、
欧米の人たちは(一部の人たちなのだろうが)、
なんとややこしく考えるのだろうと思ってしまった。

話はずれるが、1970~1980年代。
シュタイナーの学校やサマーヒル・スクールや
モンテッソーリの噂を見聞きした。

共通するのは、
(日本の学校よりも)子どもがのびのびとしているという部分。

当時は、どこでも偏差値の話が出るようになり、
団塊ジュニア世代が学校に行く頃は
更に一層、競争が激しくなって、
そのせいかどうかわからないが、一部の学校は、荒れた。

今の人たちにはとうていわからないだろうが、
尾崎豊の「卒業」の歌詞そのままがあったのだ。
荒れのカゲでは、陰湿で執拗なイジメもあった。

そんな状況になじめなかった大人たちの間で、
学校に代わる、代替教育として受け取られていたと思う。

うちの子どもたちもその波の中で苦しんだから
私もふ~ん と思いながらその噂話を聞いていた。
でもまずは「お金と距離」の点で
普通の家庭では無理な話。
私の周りでも、単なる噂話で終わっていた。

当時はシュタイナーの思想そのものについては
ほとんど知られていなかったと思う。
もしも私が知っていたら、たぶん引いたと思う(苦笑)

ちょっと思ったのだが、日本では
正式な、公的な、制度的なものからはみ出た人は、
代わりになるものを探す。
その時たいてい、外国のどこかからモデルを引っ張ってくる。
そのモデルの後ろにある思想や歴史をあまり知らないまま
「目に見える形」だけを論じることが多いような気がする。

代わりになるものを
自前では生み出せない・作り出せないからか、

または、自前の意見なぞは周りからバカにされて、
それが「外国にある」モデルなら、
ある程度耳を傾けてもらえるからか?

なんかね。。
昔々からの「舶来信仰」というか。
昔々の「外国に行くこと=箔をつける」という言葉を思い出した。

箔は箔でしかなく、
いずれ剥げ落ちる?

それが悪いという事ではない。
そうやっていろいろなモノを取り込み、
自分たちに合わせて消化・吸収してきたわけだから。

ただ、なんとなく、いつまでもそういうやり方では、
自己主張が弱いままになるというか、
外国との議論では負けそうな気がする。

ほんのわずかの経験しかないが、
私が出会った外国人たちは、
それをはっきり外に出していたような気がする。


by kusakisora2 | 2018-07-02 13:24 | ヒーリング・スピリチュアル | Comments(0)
<< 「ニューソート」(新思考)運動... スピリチュアリズム(心霊主義)のメモ >>

N スーパーダウンサスラバー【BR-1738F】フロント BOX スーパーダウンサスラバー【BR-1738F】フロント X スラッシュ ホンダ S07A G/G・Aパッケージ H26/12~ JF1 ■エスペリア / S07A NA 2WD

※ メッセージを入力してください
{yahoojp} {kusakisora2.exblog.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-18347