>  > ■エスペリア スーパーダウンサスラバー【BR-1422F】フロント ホンダ N-WAGON Custom JH1 2WD ターボ / Gターボパッケージ S07A H25/11~

N-WAGON / Custom ターボ 2WD H25/11~ Gターボパッケージ ホンダ JH1 N-WAGON S07A ■エスペリア ホンダ スーパーダウンサスラバー【BR-1422F】フロント

■エスペリア スーパーダウンサスラバー【BR-1422F】フロント ホンダ PEUGEOT-207[A75FW//A75FWP//A75F01][07/03~12/11]ご注文前下記詳細要確認リア左右(bremboブレンボプレーンローター)代引注文不可 N-WAGON 新品 Custom JH1 2WD ターボ / Gターボパッケージ S07A H25/11~

       

      図1 温度分布+速度ベクトル断面図
      (左:Case1 コールドアイルキャッピング無、
       右:Case2 コールドアイルキャッピング有)



    • 図2 表面温度分布パース図
      (左:Case1 コールドアイルキャッピング無、
       右:Case2 コールドアイルキャッピング有)

       

       データセンターの空調解析は建築設備系のシミュレーションで非常にニーズの高い旬の解析と言えます。CRAC (AHU) の冷気供給や床下空間の気流分布は適切か、各ラック毎のサーバー熱負荷は過不足なく処理されているか、アイルキャッピングはコールドアイルの冷気を十分保持できているか、高負荷サーバーや外気導入、水冷ラックなど最新のテクノロジーに対応した熱対策は施されているか、解析のテーマと重要性は時代のニーズによって大きく変化していますが、いずれも長年培ったシミュレーション技術で予測検討可能です。 本サンプル解析では、4つのラックを置いたサバールーム空間で簡単なコードアイルキャッピング設置の有無を比較し、気流状態についてアニメーションなどで理解いただける事を目指しました。 キャッピングの役割を正確にご理解いただ<けるのではと思います>

       

       

・解析の目的
 サーバールームやデータセンターでは多くのサーバーやIT機器があり、その安定的な稼動には発熱対策が不可欠である。 その対策として、サーバーラック背面の排気ファン側同士を向かい合わせ、主にラックからの排気を上方へ流す通路 (以下 RS-R Ti2000 ダウンサス 1台分 eKスポーツ H81W 4WD TB 14/9~16/11 サスペンション、ホットアイル) と 【★送料無料キャンペーン中】 【D2 レーシングスポーツ】KIA EUROSTAR 04~UP D2 サスペンションキット STREET (Front 純正使用 & Rear 純正使用)、サーバーラック前面の給気側同士を向かい合わせ、主に床面からの冷気をサーバーラック内へ導入する通路 (以下、コールドアイル) を交互に配置し、効率的に排気できるようにしている。 しかし、サーバーラック上部において 、機器からの高温の排熱を吸い込むこと (ショートサーキット) があるので 【送料無料】 165/60R14 14インチ カジュアルセット タイプL 2. 4.5J 4.50-14 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット 165/55R14 72V ZEETEX ジーテックス ZT1000 ZT1000 weds LEONIS WX ウエッズ レオニス WX サマータイヤホイール4本セット、

■エスペリア スーパーダウンサスラバー【BR-1422F】フロント ホンダ N-WAGON Custom JH1 2WD ターボ / Gターボパッケージ S07A H25/11~


送料600円
代引手数料無料

■メーカー エスペリア
■商品名 スーパーダウンサスラバー
■車種 ホンダ N-WAGON Custom
■型式 JH1
■備考1 2WD ターボ / Gターボパッケージ
■備考2
■エンジン型式 S07A
■年式 H25/11~
■部位 フロント
■品番 BR-1422F

、対策を検討し、コールドアイル上部に仕切り (以下、アイルキャッピング) の有無による、比較を行った。
・解析モデル
 解析モデルの大きさは 23m×16m×3.8m とし、格子数は425,375とした。 室内は二重床とし、空調機を8台配置した。 サーバーラックはホットアイルとコールドアイルが形成されるように配置した。 発熱条件はサーバーの発熱のみで、総発熱量は440,000Wとした。 また、空調形式は、空調機下部より冷気を床下に吹き込み、空調機上部より吸い込む形式とした。 総風量を160,000m3/h、吹出し温度を17℃、設定室温を24℃とした。
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-79609