>  > レクサスIS専用 ブレーキキャリパーカバー  【シックスセンス ショップ】

レクサスIS専用 ブレーキキャリパーカバー  【シックスセンス ショップ】

翼竜によく似たコウモリですが 185/60R15 84H YOKOHAMA ヨコハマ BluEarth AE-01F ブルーアース AE01F G.speed G-04 Gスピード G-04 サマータイヤホイール4本セット、翼を支える指が翼竜とは違います。コウモリ類(翼手目)は世界中に1000種類以上もいるそうで、哺乳類全体の4分の1にもなります。 オオコウモリ類(大翼手亜目)と、コウモリ類(小翼手亜目)に大別されていますが、その系統にはいくつかの説があり、詳細は不明でした。最新の研究で ブリヂストン POTENZA ポテンザ S007A サマータイヤ 205/55R16 HotStuff Laffite ラフィット LE-03 ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +38 5穴 114.3、ネコやイヌ、ウマなどに最も近い仲間とわかってきたのです。


体の特徴からは

恐竜などのように 、骨格の特徴などから系統関係を推定する形態学的手法では、コウモリはヒヨケザルに近いのでは? とされていました。東南アジアに生息する飛膜を広げ滑空するサルで、コウモリは、霊長類に近かったわけです。


DNA解析ではウマや食肉類に近い

近年になって、東京工業大の岡田典弘教授らがDNA解析で系統解析を進めました。レトロポゾン法という手法で、ゲノム(全遺伝情報)中にあるレトロポゾンの一種であるSINE(サイン、short interspersed nuclear element)と呼ばれる短いDNA配列に注目し、その挿入の有無を指標にした系統解析方法です。
SINEが染色体に入ると必ず子孫に伝わるため、レトロポゾンの位置で、分岐した順序がわかるというわけです。 この解析法では、従来の塩基配列による解析のように統計学的誤差が全くないそうです。
その結果、コウモリはウマや食肉類(イヌ、ネコ、など)に最も近いことがわかってきたのです。形態的な特徴だけからは、思いもつかないような位置ですね。
岡田教授らは、コウモリとウマ、食肉類をペガソフェラエ類と呼ぶことを提案しています。
ウマに翼が生えたの動物ペガサスと、食肉類を示すフェラエ(ラテン語)からの造語です。


分岐は白亜紀末

コウモリが分岐したのは、白亜紀末とされています。図に示すように、最初に他の哺乳類から共通祖先が分岐し 17インチ サマータイヤ セット【適応車種:ステップワゴン スパーダ(RK5)】HOT STUFF プレシャス アストM1 メタリックブラック/ポリッシュ 6.5Jx17トランパス mpZ 205/55R17、次にウシとクジラのグループに分かれ、その後、コウモリが分かれたとされています。
ウシとクジラ、コウモリはそれぞれが特徴的で、とても共通祖先の姿は想像がつきません。それこそ、ペガサスのように、陸も空も駆けめぐる可能性を秘めていたのでしょう。
化石骨格に残る特徴から系統関係が推定されている恐竜ですが、この手法が利用できれば、全く異なる関係が導かれるかもしれませんね。

バックナンバー

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-13145