Facebookの「メッセンジャー」アプリで、ダークモードへの切り替えが可能になったようです。

macOS Mojaveなど HANKOOK WINTER ICEPT W626 2018年製造品 スタッドレス スタッドレスタイヤ 205/60R16 KMC XD127BULLY ホイールセット 4本 16インチ 16 X 7 +35 5穴 114.3、ダーク(暗め)のユーザーインターフェースが流行りのようですが YOKOHAMA スタッドレス ice GUARD6 IG60 225/50R18 & カシーナ XV5 18×7.5 114.3/5H + 48 エスティマ ACR50W / ACR55W、

、Facebookの「メッセンジャー」にも追加されています。

しかしながら、デフォルトでは切り替えの設定が隠されていて、下の手順を踏んで「ダークモード」の設定をアンロックし、それから切り替えるという仕組みになっています。

【注】ネット上では多くの成功例が報告されていますが、全てのユーザーに行き渡るには時間がかかる可能性があります。

Facebook Messengerで「ダークモード」解放する方法

1. Facebookアプリ・Messengerアプリを最新にアップデート←重要

2. Messengerアプリで、友達または自分自身に「月の絵文字」を送信する

3. たくさんの月が降ってくるアニメーションのあと、「ダークモードが登場」と表示されればアンロックが完了

4. Messengerの画面左上にある自分のアイコンをタップすると、「ダークモード」という設定項目が追加されているはずです。

設定をオンにすると「ダークモード」になります。

周囲が暗い時や寝る前など、画面が眩しく感じる時に便利ではないでしょうか。

友人に「月の絵文字」を送信すると、相手もダークモードが解放されるそうなので、ぜひお試しを。

 

http://touchlab.jp/2019/03/facebook_messenger_darkmode/【隠し機能?】Facebookメッセンジャーの「ダークモード」を解放する方法